協同組合下関ふく連盟協同組合下関ふく連盟
明治21年、時の総理大臣・伊藤博文公のひと声で、ふく食先駆けの地となった下関 ふくの本場・協同組合下関ふく連盟の公式ページ

ホームふくの宅配ふく料理のお店お泊りはこちらふくのお土産ふく連盟年間行事ふくのいろは

協同組合下関ふく連盟 沿革

1938(昭和13)年3月1日
下関ふく連盟は当時のふぐ仲卸業者の発案により、任意団体として発足。
以降、下関市の恒例行事となった「ふく供養祭」をはじめとした、ふぐにまつわる各種イベントを通じて「下関のふく」ブランドの普及啓発活動を展開。


2012(平成24)年11月29日
法人化で一層の社会的責任、地位向上を図ることを目的に、
協同組合下関ふく連盟に改組。
ふぐ仲卸業者を中心とした組合員の他、飲食店や旅館など、ふくに関わる法人・個人約200人となる賛助会員で構成している。



市長室にて事務局のある南風泊市場

協同組合下関ふく連盟では、福が来るようにと背中部分に「下関福来」の文字が入ったかわいらしいふくのぼりを作りました。収益の一部はトラフグの稚魚の放流事業に活用されます。

ふくの日まつりにて
ふくをかたどった凧



下関唐戸魚市場仲卸協同組合下関唐戸魚市場仲卸協同組合







株式会社ふくの里株式会社ふくの里

下関特産品市場下関特産品市場

下関市下関市